この度は当ホームページをご覧頂きありがとうございます。
日本バリエステ協会の理事長を努めております、具志堅三七子と申します。
日本バリエステ協会は、美容及び健康増進活動に携わることを希望する人に、学びの機会を提供し支援する事を目的とし設立いたしました。
美容・健康に関わる仕事は単に技術を提供するだけではなく、内面に潤いをもたらすために働きかける力を持っていると考えます。特にバリエステは、従来のトリートメントと比べ身体全体を使って圧をかけ筋肉・リンパの流れを促すといった特徴があります。
そのようなバリエステを中心とした知識や技術を身につけるために活動します。
身体に関する事を学びお客様にきちんとアドバイスし、満足してもらえる人材を育成し社会に貢献できるよう、日々邁進してまいります。

日本バリエステ協会
理事長 具志堅三七子

 

理事長プロフィール

 23歳 大学卒業後に初起業。—–(ハンドメイドの店)
 26歳 結婚後、居酒屋を営む夫と共に店を切り盛り、経営に関わる。
 28歳 ハーバー沖縄(化粧品の通信販売)を設立。沖縄総代理店代表として勤める。研究所統合により代理店が無くなるまでの十数年、経営の傍らエステティック協会認定スクールに通う。人間の身体や心のしくみを始めエステに関する専門の知識や技術を学び、ノウハウを習得し、ハーバー沖縄にてサロンを併設する。
 40代半ば 更年期による体調の変化があり、エステに関する対外的な活動を一時休止。その間、沖縄調理師専門学校入学、調理師免許習得する、その後、介護福祉施設を経営する友人の影響を受け、自身も高齢者や障害者の自立支援施設の生活相談員として関わる。身体と精神の健康について意識し思索する期間となる。
 48歳 一念発起して「健康と美容」を軸にしたエステ・リラクセーションに取組むことを決意。サロン「リフィット」を立ち上げる。
 55歳 より視野を広げるためにエステ留学としてバリ島に渡る。そこで「健康と美容を追求する仕事」に熱意を傾け創業している方との出会いがあり、強い刺激を受ける。それが、自身の原点に立ち返る機会となり、バリ島学校法人BBTエステスクールの認定校資格を取得。沖縄に戻りスクールを立ち上げ本格的に活動を開始し、現在に至る。
 
健康という基盤の上にある「美」は、日々の生活の潤いにつながるものと考えます。私は、そんな「美」を求める方に対し、「お客様」に、しっかりアドバイスでき、満足してもらえるエステティシャンの育成ができるよう努めます。さらに卒業後もサロン運営をサポートするために、関わらせていただきます。

理事長 具志堅三七子